ソフトバンクグループのFX業者です

SBIFXトレードはソフトバンクグループが運営するFXサービスです。 主に初心者向けにサービスを構築していて、取引数量が少ない取引についてはドル円0.27銭原則固定などの狭いスプレッドで提供しているのが特徴です

SBIグループの金融サービスといえば、SBI証券が有名ですね。SBI証券はもとe-trade という日本のネット証券の草分け的なサービスで証券取引手数料の引き下げを積極的にすすめることでマーケットシェアを拡大した企業ですが FX事業においても同じように市場を拡大していけるのか注目ですね

SBIFXトレードの特徴

  • 業界最狭水準のスプレッド幅

    ドル円0.27銭 ユーロ円0.69銭 ポンド円1.19銭など、スプレッドの狭さが一番の特徴です。

    FXサービスにおける手数料は、スプレッド幅に依存するといえます。そのスプレッドが狭いのは初心者だけでなく取引経験者にもとてもおおきなメリットですね。

  • 1ドル単位から取引可能

    一般的なFX業者では1000ドル、10000ドルなどを最小取引単位としてサービス提供していますが、SBIFXトレードでは1ドル単位での取引が可能です。少額で取引を行い、取引ルールを知りたい初心者の方には最適ですね。

  • PCスマホ高性能取引ツール

    PCでもスマホでも専用アプリをダウンロードすることで、ご自身の好きなレイアウトで取引画面をカスタマイズして利用することができます。好きな画面配置で取引できることはとても大事ですね。スマホもiPhoneもアンドロイドもそれぞれ専用アプリがダウンロードできますのでご自身の環境に合わせてご利用できます。

  • 業界初の小数点以下4桁表示

    業界初の小数点以下4桁表示で細かいレートを表示します。業界最狭水準の0.27銭のスプレッドを実現するためにも小数点以下4桁のレートが必須です。

  • クイック入金380銀行

    銀行から外国為替証拠金取引口座へ即時に振替えるクイック入金。SBIFXトレードでは全国約380銀行のクイック入金に対応しています。ポジションをもちたいと思ったらリアルタイムに口座へ入金が反映できるクイック入金はアクティブな取引を実施するユーザには大切なサービスですね。