外国為替証拠金取引における移動平均線とはなにか

外国為替証拠金取引における移動平均線とはナニのことでしょう

外国為替証拠金取引に少し慣れてくるとニュースなどでも「移動平均線」という言葉を聞くようになります。 では、移動平均線とは何でしょう?これは、チャートと関わりのある概念です。「20日移動平均」と言った場合には、日足のチャートの終値の過去20日の平均をとった値を線でつなげてチャートを作成することにより作成する図を移動平均線と言います。

チャートに日足、週足、時間足、5分足などの種類がありますが、それぞれに対して、5日移動平均、14日移動平均 20日移動平均などがあります。また、長期では200日移動平均などというものがあります。

もちろん時間足に対しても同じように5時間の移動平均や20時間の移動平均などがあります。

ではなぜ5日とか20日とか200日の移動平均が大切になるのでしょうか?これはひとつには、多くの人がその移動平均線を参考にしているから、と言えます。200日のラインを相場に参加しているひとの多くが注視していることで、そのラインに近づくと、その値を意識した売買、相場変動が起こるということです

おすすめ取引業者・おすすめ記事

  • SBI FXトレード株式会社

    SBIグループ企業です。業界もっとも狭いレベルのスプレッドと、ソフトバンクグループという信用力がありどなたさまも安心して口座開設することができます

  • 為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

    取引高世界第2位!っていうローラさんとか清原さんとかの出ているテレビCMで有名なDMM.COM証券のFXサービス。スプレッドが狭いのがおおきな特徴です。

  • FXにおけるテクニカルとは何か

    FXにおいてテクニカル分析ということばを聞いたことがないでしょうか?これはチャートを分析し、パターンを解析することによって、売買するタイミングを決める手法のことです。