外国為替証拠金取引における一目均衡表とはなにか

外国為替証拠金取引をしていると一目均衡表という言葉を聞くことがあります。一目均衡表とは何を意味しているのでしょうか?

これはテクニカル分析において使う概念です。

この概念は当初一目均衡表の発表は昭和10年に新聞紙上に「新東転換線」という名称で発表されました。 基本的には株式市場での価格の動きを予想するために作られたテクニカル分析で、買い方と売り方の両者の均衡が破れた方へ相場が動く、そして、一目瞭然でそれがわかるので「一目均衡表」と名づけられています。 このテクニカル指標は「いつごろ上がるか、下がるか、値幅はどれくらいかがわかる」といわれていますが、そこまで使いこなすにはかなり時間をかけて勉強する必要がありますが、知っておくとほかのひとが何を考えてトレードしているかがわかるでしょう

おすすめ取引業者・おすすめ記事

  • マネーパートナーズ

    東証1部上場企業であるマネーパートナーズのFXサービスです そういえばぼくがFX会社にいたころから約定率が高く、スリッページが少ないことで有名でした。スリッページが何かわからない初心者でも安心して取引できる会社です。

  • 為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

    取引高世界第2位!っていうローラさんとか清原さんとかの出ているテレビCMで有名なDMM.COM証券のFXサービス。スプレッドが狭いのがおおきな特徴です。

  • FXにおけるボリンジャーバンドとは何か

    FXにおいてボリンジャーバンドということばを聞いたことがないでしょうか?これはチャートの日足時間足などのボラティリティを計算して、標準偏差をとり、その確率が標準偏差で1σ2σなどになる点をつないでチャートにしたものです。ボラティリティが高い局面ではボリンジャーバンドの幅は大きくなり、ボラティリティが低い局面ではボリンジャーバンドの幅は狭くなります