外国為替証拠金取引におけるボリンジャーバンドとはなにか

外国為替証拠金取引をしているとボリンジャーバンドという言葉を聞くことがあります。ボリンジャーバンドとは何を意味しているのでしょうか?

これはテクニカル分析において使う概念です。ある一定の期間における価格の変動幅はボラティリティをもとに計算すると一定の割合の中に納まるという概念、標準偏差の概念に基づいています。ボリンジャーバンドのラインは通常1σ、2σ、3σのラインを利用します。このラインをひいたチャートを利用しているとよくわかるのですが、相場の参加者がいかにこのボリンジャーバンドを意識して取引しているかがよくわかるのです。ボリンジャーバンドのラインの近くになると大体売買が錯綜し、それまで同一方向に動いていたチャートが急に止まったり反転したりすることがよくあります。

おすすめ取引業者・おすすめ記事

  • マネーパートナーズ

    東証1部上場企業であるマネーパートナーズのFXサービスです そういえばぼくがFX会社にいたころから約定率が高く、スリッページが少ないことで有名でした。スリッページが何かわからない初心者でも安心して取引できる会社です。

  • 為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

    取引高世界第2位!っていうローラさんとか清原さんとかの出ているテレビCMで有名なDMM.COM証券のFXサービス。スプレッドが狭いのがおおきな特徴です。

  • FXにおけるゴールデンクロスとは何か

    FXにおいてゴールデンクロスということばを聞いたことがないでしょうか?これはチャートの日足時間足などの5本分20本分などの終値の平均値をとってつないだチャート、移動平均線の短期の移動平均線が長期の移動平均線に対して上に抜けることを言います。この状況では相場は大きく上に抜けようとしているととらえられます。逆に短期の移動平均が長期の移動平均線を下にぬけることをデットクロスと言いますが、このときは相場は急激に下がると予想されるといわれています